正確性が大事

刺繍のデザインは正確に伝えましょう

衣類に様々なデザインをすることはファッションとして古くから行われています。生地自体に対する染色から始まり縫製過程における形状や色合い等には色々な工夫が凝らされてきました。刺繍は古くから行われている技術ですが、近年もオリジナルのデザインで個性を主張する手段として広く取り入れられています。 オリジナルの衣装作りを考える時には刺繍以外にもデザインをプリントする方法もありますが、刺繍は若干割高な傾向にあります。また、依頼する時のデザインは正確に伝える必要がありますから原稿を渡す必要があります。原稿を送付するならば送付時の折れ曲がり等に注意が必要ですし、送付時の紛失や返却までの汚れが発生する可能性があるので大切な原本ならばコピーを送るようにしましょう。

オリジナルですから高級感を出しましょう

かつての日本における衣服は家庭内で作られることが多かったの各家庭の特徴が表れることが多かったのですが、太平洋戦争を経て高度経済成長期になると既成品が普及するようになり、誰もが一様な衣類に身を包むことが一般的になりました。 しかし、近年は印刷技術の向上と共に衣類を専門に扱う業者以外でも手軽にオリジナルのデザインを注文することができるようになりました。現在では安価に出来るプリントした衣服に更に刺繍を加えることで一層のオリジナル性と高級感を出すことが可能になっています。プリントでは難しい微妙な風合いの文字やロゴ、マーク等でも手作業による刺繍をすることで可能になります。個人名を刺繍するだけならば安価で、その上オリジナル感も出てきます。